MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

一流になりたくないですか?そんな夢を叶える1万時間の法則。


f:id:pacotan:20180807233908j:image

こんにちはー。
ぱこです。

皆さん【1万時間の法則】って
知ってますでしょうか?

 

凄くシンプルな法則なんですが
何事も1万時間やったら、
天才になれるという法則。


ちょっと興味があったので
調べてみました。

 

1万時間の法則

マルコム・グラットウェル氏が提唱し

著書 【天才!成功する人の法則】という本で語っているんですが、

スポーツマンや科学者、音楽家などの

成功している法則を見つけたら

1万時間の法則が導かれたそうです。

 

何年やれば達成できるか

1万時間ってパッと
聞くとそれは多いのか、少ないのか。
全然イメージが、つかないですよね?

平日4時間ずつ 約9年7か月
平日8時間ずつ 約4年9か月
毎日4時間ずつ 約6年10か月
毎日8時間ずつ 約3年5か月
毎日12時間ずつ 約2年3か月
週末8時間ずつ 約12年
週末2時間ずつ 約48年


今まで、
(自分にはむいてないなあ。)
(才能がないなぁ)。
と諦めてきたことが


どんなに早く諦めてたんだよ!!!と
ツッコミを入れたくなりますね。

 

自分の継続力や熱意が

ただただないだけなのに

才能や環境のせいに

ついついしてしまうんですよね。

そりゃぁそうですもんね。

傷つきたくないから。

 

パコの学生時代

自分は学生時代、
勉強が出来る子と勉強が出来ない自分で
同じ時間学んでも習得度が、
なんでこんなに違うんだと
悲しくなった事がありました。

あいつの10分=自分の3時間

 

本当にそれくらい差を感じて死にたくなりました。w

自分は、生まれつきの性能が違うポンコツだから

僕はこいつらには勝てない。。。と勘違いしてました。

今思えば、 

習得度が早い人は、

それまでの勉強してきた時間が長くて

勉強のやり方を知っていただけなんですよね。

(中には本当の天才もいますが)

 今日からの自分は変えられる

月並みの言葉ですが

過去は変えられませんが、

今日からの自分は変えられます。 

人は誰しも客観的な世界に住んでいるのではなく

自らが意味づけを施した世界に住んでいる。

これがアドラーの考えです。

 

自分の過去をこれからもそうやって

マイナスの意味付けをして過ごしていくのか?

それともプラスに変換させて

今から走り出すかはあなた次第です。



 【昨日アクセス数0件]

【合計アクセス数40件】