MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

営業成績と私


f:id:pacotan:20180810212342j:image

いくつになっても輝いていたいから今日1日を私らしく生きる。

 

 

こんにちは。ぱこです。

自分は現在、整体の会社で働いているのですが

8月10日現在、営業成績2位。

念願の1位まであとちょっと!!頑張ります!!

 

半年間の成績

パコの整体院は会員制の整体院で
はじめて来た患者様に当院の価値を
伝え、初回で会員になってもらうのが
会社から求められてる仕事の1つ。
まぁエステみたいなイメージもってもらえたらいいかな。

ここ半年のパコの営業契約率は53~47%で安定している。
(10人お客様が来たら5人近く会員にしている計算)

 

パコはずっと契約率を安定させる事にこだわりを持ってやってきたので、
ここ半年くらいの成績には自分の中で成長を感じている。

(うちの社長は安定した数字を叩き出す事で社員を評価している)

 

8月現在の成績は
14人中、7人会員獲得。獲得率はジャスト50%といったところだ。

 

はじめの2年くらいはちっとも安定せずたいてい契約率20%前後。
会社の中でも患者様に価値を伝えられないいわゆる使えないスタッフでした。

どの業界もそうなのかもしれないですが

ネットで探せばいくらでも似たようなお店はいっぱいあるので

お客様をずっとこさせ続けることが今の時代とても難しい。

だから会員をとれば1ヶ月の会費がクレジットから落とされるので

会社には安定した利益を生み出す。

 

うちの会社はそんなこともあって新規獲得にはすごい重きを置いている。

もちろん、既存対応における

接客術や技術力も抜かりなく勉強しているがなんといっても

新規をとらないとはじまらない。ちなみに

うちの整体院では非会員の価格は結構高くて30分8000円という金額でやっている。

中々高いでしょ?

うちに通ってくれる患者様は9割が会員さんで通ってくれるわけ。

会社も会員にすること前提で価格設定している。

 

よって新規の会員獲得ができないスタッフは会社の経営戦略において

全く使えないと判断されてしまう。そういった

既存の患者様を施術する立ち居地に配置されることになる。

 

新規対応の難しい所は初めて来院された患者様は軽い気持ちで

来院されるのでそんなお客様に当院の価値と整体の大切さを伝える事

それには相応の技術力と接客力が求められる。

 

 

1位になれない理由を自己分析すると。

パコは営業成績が1位になるために何が足りないか、どうするべきなのか

分析してみると自分の傾向として
「毎回、月初は会員獲得率が高く中間は低い。月末は高い。」

 という事が分かった。

この事から自分がもっとレベルの高い位置で契約率を安定させるには、

中間の契約率をあげる必要性を感じた。

 

 

月初は猛烈にやる気があって、
会員獲得率が60%くらいあるのだが
中間になると
新規を落としたらどうしよう?
という不安が急に出てくる傾向がある。

そんなこともあってか精神が乱れ新規の患者様対応がぎこちなくなり

会員獲得率ががた落ちする。
月末では、このままではやばいとなんとか数字を盛り返そうという気持ちに

なりまた患者様に集中できるようになり
最終的に契約率は47~50%代におちつく。


このことから恐らく、自分の自信の無さが1つ原因だと感じている。

 

自分の新規の実力を過小評価していて、自分の実力と思っている範囲をこえると不安になり、自分の思っている範囲より下回るとこれではダメだとまた提案率が盛り返す。

 

恐らくコンフォートゾーンというやつだ。

 

客観的に過去半年間の自分の数字をみてみても
悪くはない数字を出し続けているので
もう少し自分の過小評価をはずしてもよいと感じた。

 

劣等感が自分は強くて自分の事を低くみる癖が抜けません。

さいころまったく勉強とかできなくて起こられてばっかでしたし。

 

できない自分を責めている限り永遠に幸せに離れないだろう。今の自分を認める勇気を持つものだけが本当に強い自分になれるのだ。BYアドラー

 

楽観的であれ。過去を悔やむのでなく未来を不安視するのでなく、

今現在の「ここ」だけを見るのだ。BYアドラー

 

 

セルフイメージを上げる。

 

むしろ自分の自己評価基準を高めに設定できたら、
中間でも自分の提案率が下がらずがっつり営業成績で

全店舗1位になれるんやないかと思った。

では自分の自己基準を高めるためにはどうするか?

ここがひとつポイントになってくる。

 

自分=契約率50%そこそこの人という思い込みが強いので

それを55%そこそこの人と考えるようにする。

流石に10パーセント以上も高いイメージは自分の中でリアルに創造できないので

まずそこから取り組んでみる。

 

コツコツこそ最大の近道なのだから。

 

 

【昨日のアクセス数0人】

 
 

 

皆さんの温かい応援が

とても励みになっています

ダウンポチっとお願いします。


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング