MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

営業成績暫定1位のスタッフにアドバイスもらった。


f:id:pacotan:20180814104840j:image

こんにちは、パコです。
昨日は自分の会社の月に1回しかない
全体MTG の日でした。

そこで、みえてきたのは、
非常に悔しい結果でした。
なんと、つい最近まで、会社全体の営業成績が2位だったのですが、
みんなの話を聞いてみると
他院の方々の猛烈な追い上げで自分の成績が2位から4位に転落していました。

チーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

自分は会員制度のある整体の会社で働いています。僕らの会社では契約率というのを
重要視していて、何人やって何人契約をとれたかというパーセンテージが評価のバロメーターとなっています。

現在、僕より良い成績を残しているスタッフ2人は、営業契約率80%と60%という今まで自分が出した事もない数字を叩き出していました。。しかもこの数字。僕が1回も出したことのない数字で
このまま同じように頑張っても到達出来ない数字なのです。
因みに会社全体の月の会員平均契約率は40%くらいで、僕の毎月の数字は53~47%。
最高でも56%しか行っていない事を考えるともう悔しさしかなったです。

非常に悔しい結果だったので、僕より良い成績を出している人達にアドバイスを聞き、今の自分に欠けている事を分析してみました。

 

 

営業成績TOPの思考

 


①目標設定がとんでもなく高い。

契約率8割を叩き出しているスタッフは、契約率100%を目指していました
契約率6割を叩き出しているスタッフは、契約率80%を目指していました。

これが自分との大きな違い。
自分は完全に目標設定が低すぎていて契約率が50%あたりを安定させる事に重きをおいていました。50%代の安定した数字を残せばだいたい毎月の契約率上位ランキングが会社の中で2位とか3位位にはになれるだろう。と考えがありました。因みにパレート

 

②周りの人と比べていない。

この2人は全く他人と数字を比較していませんでした。むしろ、自分が決めた道を歩んでいたら結果的に上位になっていたというような感じです。

自分は昔ほどではないにしろ、比較をするのが凄い好きな人間です。
みんながこれくらいの成績ならこれくらいの数字を叩き出していけば問題ないだろうという甘い考え方が強くありました。

僕は周りの環境にすぐ作用され、手を抜いて楽をしてしまう帰来があります。

そんな考え方では、常に周りの数字に作用されてしまいます。もしそんな世界で1位になっても井の中の蛙状態になります。
会社のスタッフの全体のレベルが落ちていけば、自分も周りを見て安心して楽をしてしまう為、一歩会社の外に出れば全く通用しない人間になってしまいます。

 

③自分にあった必勝法則をもっている。

 

現在、契約率が80%いっているスタッフであるOさんにどうやったらそこまでの数字が出せるのか聞いてみると、相手が契約出来ない理由を1つずつ潰していくと言っていました。

 

例えば、

 

【お金がない。】

こっちのほうが安いので金銭的負担は減るよ。月に2回くればお得になるので断然こっちのほうを選択される方が多いですよ。

などなど。
Oさんは非常に論理的な思考が強い方なので詰め将棋スタイルはあっています。
自分はテンションと共感で契約を勝ち取るスタイルなので、全部が全部Oさんの真似をする必要はないのかもしれませんが、
自分にあった必勝スタイルを確立するのは大事だと感じました。
パクりまくって自分のオリジナル感がなくなる事は本末転倒なので。

Oさんがしっかり自分を分析している点には勉強させられました。ブログでもそうなのですが、やたらコピペばかりしているブログは
すぐ分かりますし全く魅力が感じられないですからね。

 

まとめ

 自分は人と比べて、それをもとに意思決定をする機会が非常に多いというのが分かりました。環境の変化にすぐ流される為、それが今の自分の突き抜けられない原因だと感じました。どんな成功者もはじめは周りからちっとも理解されなくても自分の中で明確な目標や夢がありそれにむけてひたむきに頑張る姿勢があります。自分も5年以内に独立したいという思いはあるのでマインドのもち方を今日から意識して変えててみます。

 

▼あわせて読み記事

関連記事:営業成績と私

 

 

 


成功哲学ランキング


自己啓発ランキング