MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

人生を○○するように生きたら、あなたの人生変わります。


f:id:pacotan:20180816101948j:image

こんにちは。

営業成績が上がり調子パコです。

 

前回の記事を書いてから
5件中4件も契約ができて契約率が驚異の80%です。

明日も仕事頑張ります!!!

 

▼合わせて読みたい記事。

関連記事:営業成績暫定1位のスタッフにアドバイスもらった。

 

 

あなたは過去の自分に縛られて生きてませんか?

今日はそんな方が人生を変えられるといっても過言ではない事を書きました。

 

「自分ができない理由を遺伝のせいじゃない?」

「過去の失敗をずっとひきづっているう。」

「過去の自分が今を作っているんだ!!」

と思っている方はぜひ読んで頂ければと思います。

 

 

目次

 

電車で通勤中に感じたこと

 

今こうやってブログを書いているのですがこのままいけば1位になるというのになんか気持ちがのってない。恐らくまだまだ自分の中のセルフイメージの変革の過渡期なのだろう。若干出来すぎてる自分に戸惑いがあります。

 

人生は連続する刹那

 

線ととらえるのではなく人生は点の連続。

チョークでひかれた実線を拡大鏡で覗いてみると線だと思っていたのが連続する小さな点であると分かります。線のようにみえる線は点の連続でありすなわち人生とは連続する刹那である。 嫌われる勇気 P264

 

 電車で通勤中、今日もアドラー心理学「嫌われる勇気」を読んでいたのですが

まだまだ自分は線の意識が強いと思い知らされました。

今こうやってブログを書いていますが先程書いた自分の文章「セルフイメージの変革の過渡期」という言葉からも過去の自分と比べて今の自分がどこまで変わっているかという線に固執してるなあと感じました。ブログを書いていて反省しました。

過去の自分と比べて今の自分はどうなのかという視点にフォーカスをあてている限り自分の人生の成長は過去の自分に縛られてしまいます。本来もっと早く階段を上がっていけるところ、一段一段にすごく時間がかかる道を選択しているのかなと思い知らされました。 

 

ダンスするように生きる

人生とは今この瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那なのです。そしてふと周りを見渡したときに「こんなところまで来ていたのかあ」気づかされる。 嫌われる勇気P266

 

僕の今の会社からの役割は、契約を勝ち取ること。1件1件に全力でお客様と相対し価値をひたすら伝えること。これをひたすら愚直に続けることで、いつのまにかこんなところまで自分きていたのかあという状態まですすめると感じました。

 

まとめ

まだまだ自分は過去の出来事や記憶に縛られて自分で自分の可能性を閉ざしていることに気づきました。自分が大切にしたい生き方はなんなのか?どういった日常を送れたら幸せか?という事を考えて生活しようと思います。そこに過去はまったく関係ありません。人生は線ではなく点の連続、人生は連続する刹那なのだから。

 

 

 

 

 


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング