MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

夏休みの自由研究、武井壮みたいな人間になりたく1週間とりくんでみました。


f:id:pacotan:20180819005712j:image

 

こんにちはー‼パコです。

好きな有名人は武井壮です。

最近の僕はとある動画をYOUTUBEでみて武井壮に憧れを抱いていました。


武井壮みたいな人間になるには、まずは武井壮について研究だぁ!!!」

 

武井壮みたいになる為、武井壮を丸裸にしちゃうぞっ。うひょひょひょひょ」

 と鼻息を荒くしました。

 

※以下の文章は、夏休みの自由研究として百獣の王である武井壮に近付きたく1週間実践した記事です。

 

百獣の王になりたい!!!という変態さん、御覧ください。

 

目次

 

武井壮とは

アスリートチーム「EARTHLETES」代表。身長175cm、体重69kg。血液型はA型

白いタンクトップ姿とゴリラのスニーカーがトレードマークの肉体派アスリートタレント。

タレント活動のかたわら、陸上競技のマスターズ大会にも随時出場。2013年には、ブラジル世界マスターズ陸上競技選手権大会の男子200m決勝において、22.64秒というタイムで銅メダルを獲得している。 wikipedia

 

 

武井壮について研究

まずは武井壮の動画をみて、武井壮という人間はどんなキーワードで構成されているのか考えてみました。

そこで出てきた答えは、
【情熱×分析×継続】というワードでした。これを守れば自分は武井壮みたいに自分の人生を自分の思うようにクリエイトできるとその時の自分は確信しました。

 

真似っこ失敗

次の日から休みの日や仕事中など何か選択肢が目の前にあった時、「武井壮ならどんな選択をするか?」と自分に問いかけ、情報を分析し、情熱をもって継続的に取り組むように意識しました。

でもそんな想いとは裏腹に、仕事でお客様の応対をしていても、通常のように口から滑らかに言葉が出てこなくなりました。すごいもとがしさがありました。
こんなに頑張ってるのに何かがおかしいと。

 

あなたはあなたのままで最高だ。

そんなある日、お客様と人生哲学の話をする機会がありました。そのお客様は僕の事を凄く可愛がってくれてる方なのですが

今、自分の取り組みについてお話させて頂きました。するとそのお客様は、

少し考えた後にこんな言葉を僕に語りかけました。

 

「あなたはあなたのままで誰かになろうとしなくてよいよ。あなたは今でも最高だよ」


その時の自分は今までの努力を否定された気持ちがして何も言葉を返せませんでした。

 

ただ、うちに帰ってふと気付きました。
どれだけ誰かの真似をしてもその人にはなれない、むしろ【武井壮みたいな人】という真似っこの能力は高まるかもしれませんが、自分の元々持っていた魅力は半減すると。

 

まとめ

真似と参考は全くの別物です。
真似はあらゆる学びの基本とかかれていますが、僕が思うに行きすぎた真似はかえって誰かの二番煎じしか生み出せません。その瞬間から自分の魅力が一瞬で消えしまいます。ではどうすれば人は、成長できるのか?

イメージとしては、自分の個性や本質を残したまま、その上から参考にしたいものをくっつけるイメージ。めっちゃシンプルですよね。これが僕にはしっくりきます。

 

誰かに憧れてばっかな方はどうしたら自分の魅力が最大限いかせられるかを考えてみてください。あなたの魅力は何ですか?

 


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング