MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

末っ子な気質がある人が上手くリーダーシップを職場で発揮するとある方法


f:id:pacotan:20180821075202j:image

 

こんにちは。職場の中でもベテランになりつつあるパコだよ。

 

今日はお客様に【末っ子な気質がある人が上手くリーダーシップを職場で発揮するとある方法】について相談をした話を書いていく。

 

「職場で上手くリーダーシップ発揮出来ないなあ。」

「職場の後輩に上手く教えられない。」

「自分も上の立ち位置にいづれなりたい。」

 

という方にオススメになるのでぜひ最後まで読んでね。

 

 

 目次

 

 

患者様に悩み相談

自分の職場での在籍数は周りのみんなより
長いこともあり、

「自分はもっとしっかりしないと!」
「みんなを引っ張っていかないと!」

と少し気持ちに焦りがあった。

僕は本来、兄貴分のようなみんなをぐいぐい引っ張る性格でもないので、職場のみんなをリードしてより良い職場環境にするにはどうすれば良いか?と疑問に思っていた。

今日はそんな自分の率直な疑問をお客様であるKさんにぶつけてみた。

 

ありのままで大丈夫 。

Kさんのアドバイス

「全くそんな事考える必要はない。だただ、ありのままに生活して、ただただ謙虚に感謝を忘れないでいること。そしたらあなたはあなたのままで充分大丈夫。なんならあなたは自分の良さとかそういった事も考える必要ないよ」

 

という言葉だった。

 

その言葉を貰った僕は一瞬頭が混乱しk さんにこれ以上の質問は出来なかったのだが、

今時間があるのでk さんに言われた事を僕なりの解釈で振り返りをしておく。

 

自分の良い点や苦手な点という考えすら捨てる

【自分のここが良い、ここが悪い】
それを考えて生活すればするほど、自然体からはどんどんかけはなれる。

「よーし、自分の良さは○○だからこれから頑張るぞ!!」これは

一件良さげな回答にも聞こえるが、これではおそらく成功しない。

おそらく自分の良さという面を考えれば考えるほど自分の欠点・コンプレックスがあれよあれよと自分の中で大きくなるからだ。

おそらく一番良い方法はそういった概念自体をもう考えない気にしないという事だ。

ただただ、周りに感謝して他者貢献を考えるだけで人生は

上手くいくようになっている。

 

 


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング