MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

元々はイラストが本業のリリーフランキー現在の活躍。

「未来の事は考えなくて良い。」

 

 

こんにちは!!映画大好きパコだよ。

 

あなたはリリー・フランキーという俳優さんを知ってますか?

 

この前、万引き家族という映画をみたのですが、リリー・フランキーの演技が非常に光っていました。リリー・フランキーの世間のイメージはなんかよくわからない人っていう声が多いみたいなので、今日はリリーさんについて書いていきます。

 

リリー・フランキーって何者?」

リリー・フランキーの演技が好きだ!」

リリー・フランキーのイラストが好きだ!」

 

という方にオススメな記事になるのでぜひ最後まで読んでね。

 

 

 目次

 

 

プロフィール

f:id:pacotan:20180823101111j:image

STEPHANE MAHE / REUTERS

■芸名:リリーフランキー

■生年月日:1963年11月4日

■出身地:福岡県

■身長、体重:174cm、62kg

■所属事務所:ガンパウダー有限会社

 

俳優業での輝かしい賞の数々

■最優秀助演男優賞
2013年『そして父になる
ブルーリボン賞助演男優賞
2016年『SCOOP!』『聖の青春』他
■新人賞
2008年『ぐるりのこと。』
助演男優賞
2013年『そして父になる』『凶悪』

 

執筆業ではベストセラー

 『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』は、リリー・フランキー自身の実体験を基にした長編小説。2005年6月29日に扶桑社から発売され、200万部を超す大ヒットを記録し話題となる。

 

リリーフランキーとは何者??

タレントや俳優としてだけではなく、小説家などの多様な顔を持つリリーフランキーさん。きは、小説家、イラストレーターの他、ライター、エッセイスト、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、構成作家、演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー、俳優・・・

一枠に収まらない多彩な才能を発揮しまくっている。

 

 未来のことに悩むな。

リリーさんは大学生への講演会で素晴らしいスピーチをしたので

その言葉を一部書いておく。

 

就職に失敗したことを苦に自殺する人もいるらしいですけど、

それはすごく残念なこと。

就職なんてたいしたことじゃないと教えてあげたい。

人生のすべてを決定するものじゃない。

未来のことは考えなくていい。

みなさんは若くてバカなのでみなさんが想像できる世界なんてたかが知れている。

まじめに考えて職業を選んだり友だちを選んだりする事に悩むことで

現実をよけいに難しくさせている。

それが苦しくなる原因だから考えすぎるのはよくない。

翌日の為に今日を生きてたんじゃ、今日を一生懸命生きれないことになる!

 

今をしっかり生きる。

必要なものを手放さず、今楽しいと感じることをやる。

もうゲロ吐くまで飲んで、明日の仕事を休んでも良いと思うくらいの生き方をしている人はそれはそれで輝いていると思う。

 よく、親は子に「今我慢して、○○をやらないと、未来はないぞ!」なんて言う。

でも、今が楽しくないことをしていても、決して良い未来はない。
だから、例え、今を殺して我慢して働いたって、いい未来は訪れないんだよね。

 今日すべきことは、・自分の好きな人と一緒にいて、

自分の好きな場所で好きなものを食べること。

その繰り返しが、未来につながって豊かになる。

そのようなことを信じられないような人には、良い未来なんか絶対にないと思うよ。

 

仕事は基本楽しくない。

リリーフランキーは、絵を描いていても文章を書いていてもお芝居をしても楽しいと思った事はないみたいだ。

リリーさんが一番したい事は強いていうなら【何もしないこと。。。】

リリーさんは何かを楽しむって中々できない。苦しいほうが勝っちゃうそうだが、

仕事をこうやって続けられているのは、

その時々の一瞬で「あ、楽しいな今」って瞬間があるから。

それこそ一瞬。本当に一瞬。

今の風潮として楽しくならないといけないみたいなのはあるけど

長く原稿とか書いていると「あ、いいものが書けた」って思えるのは

本当に一瞬でその後はずっと苦しい。

いいものを作ろうと思ったら苦しいもので、

リリーさんは1秒でも楽しい瞬間があるから仕事を続けている。

 

 まとめ

今の世の中、自己啓発本でもなんでも

仕事を楽しめ、遊び感覚で楽しめた人は強いという文章をよく見るが、

リリーさんの考えはまたそれとは少し違う。

なんだろう。リリーさんの言葉を聞いていたりすると本

当に肩の力が抜けてほっとするのだ。

あくまでリリー・フランキーは自然体で飾らない。

そんなかっこいい飾らない大人に少しでも近づけたらいいな。


f:id:pacotan:20180826105421j:image

 

 ▼合わせて読みたい記事

関連記事:鉄人といわれたサッカー選手 中澤祐二 -

 


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング