MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

早起き、快眠の鍵は、睡眠直後の90分間。この90分を制する為に必要な1つのコツとは?

f:id:pacotan:20180829101739j:image
こんにちは ぱこです。

昨日の記事で1日にあげるブログの記事を2件にする!と豪語したので男らしく有言実行しようと思いましたが当初の予定として3時間しか寝ないつもりが5時間も寝てしまいました。。。

 

皆さんも睡眠時間を減らせるなら減らしたくないですか?

 

▼本記事ではどうしたら睡眠の質をあげ短眠を実現できるかという事について書いていきます。

 

「睡眠時間を減らして好きな事にもっと時間使いたい!」

「睡眠時間が足らん!!!」

「睡眠時間を減らす努力したけど挫折してしまった過去がある!!」

 

という方は是非読んで頂ければと思います。

 

目次



黄金の90分が熟睡の鍵とは?

f:id:pacotan:20180829101803j:image

皆さん、短眠をする上で大切な事として寝始め最初の90分間が死ぬほど大事って聞いたことありますでしょうか?

 

この90分は黄金の90分とも呼ばれ、この90分を制したものは睡眠を制すると言っても過言ではないみたいです。

 

一番深い睡眠の質を実現しているのは最初の90分でここのポイントが極端に悪いと1日の睡眠の質全体が悪くなってしまいます。

 

黄金の90分を制する為に必要な行動まとめ


f:id:pacotan:20180829101827j:image

①熟睡前に頭を使わない、ケータイをみない。

②ストレッチをする。

③寝る前の3時間は飲食物をとらない。お酒、タバコNG

④お風呂に入る。

 

ようはいかに副交感神経を優位に働かせてリラックス状態にもっていけるかという所が1つのポイントでしょう。

 

僕の見解。人によってリラックス出来る方法は全く違うはず。

f:id:pacotan:20180829102226j:image

睡眠について調べていて突然降って湧いた疑問2つ

 

①人によって副交感神経にスイッチ入るポイントって違うんじゃね?

例えばジャニーズが好きな子がいたとして日中、仕事でストレスを多く感じる場合は入眠前にジャニーズのDVDを見てイケメン達に癒される事で副交感神経が活発になり眠りに入り安くなるかもしれません。

 

でもネット情報では寝る前はテレビやケータイから出る光は熟睡を妨げるとの記述があります。

 

②就寝90分前のウォーキングが快適な睡眠をつくるという事がネット上に書かれていますが、ウォーキングが死ぬほどめんどくさくて嫌いな方の場合もうストレスしか感じないわけです。

 

そんな人がウォーキングしたら逆効果になる可能性があるのでは?

 

アプリを使用して熟睡度をチェック。

f:id:pacotan:20180829102256j:image

結局のところこればかりは実践して自分にあった質の良い睡眠方法を自分で見つけていくほかないと感じています。

 

ただ体感でそれを感じろというのは難しい部分はあると思いましたので客観的に熟睡度を分析できるアイテムに頼ろうと考えています。今日から自分が使用するアイテムはこちらです!!

 

Runtastic 睡眠アプリ Sleep Better

 

枕元にスマホを置いておくだけで、寝返りなどをもとに睡眠周期を計測してくれる優れものみたいです。

 

実際僕はまだ使ったことはありませんのであくまで使用者の感想にはなるのですが熟睡度が上がったという方や生活習慣を見直すきっかけをもらったという声が沢山あがっていますので、今日の夜から使用してみたいと思います。

 

僕がこのアプリを使って試したいこと。

f:id:pacotan:20180829104225j:image

【その①】全裸で寝た場合と全裸で寝なかった場合で睡眠の質は変わるのか!?

【その②】ストレッチを入眠前にやるやらないで本当に睡眠の質に変化でるか!?

【その③】男性の大好きな動画を見る見ないで睡眠の質はかわるのか!?

 

非常にくだらない実験ではありますがなんだかんだ皆さん、この実験結果は気になりませんか?明日からひとつずつ試して時間があれば実験結果の発表をしていきたいと思いますので楽しみにしててください。

 

 

 

☆ブログを書き始めて1ヶ月経過。1ヶ月目~2ヶ月目は1日2記事を上げるのを目標にしています。1日2記事上げるとアクセス数はどうなるのか!!?

 

 

関連記事1ヶ月ブログを続けた成績表 (アフィリエイトの収入を夢見て)


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング