MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

ブログを書く事が続かない方・稼げない方にお知らせ。


f:id:pacotan:20180902014937j:image

 

こんにちは。パコです。

▼今日は成功する時間の法則について書いていきたいと思います。

「得意分野で成功したい‼」
「とにかくお金持ちになりたい‼」
「ブログで稼ぎたい‼」

という方にはおすすめの記事になります。

 

目次

 

ヒカキン先生の言葉

「消えるクリエイターは時間をかけて凝ったものを配信する。消えずに活躍する人は質が低くても毎日続ける」

 

ブログを書く気持ちがのらない。

 

ブログをこうやって書いてると日によっては本当に気分がのらない時があってそんな日に記事を書き上げるのには中々、体力を使います。

 

しかも自分の場合はけっこう添削を繰り返して記事を公開していました。その場合、気持ちがのらないときは、「はあーこれから数時間かけてブログ書くのか。今日は本業も忙しかったし明日にしたいなあ」という気持ちになり本当にしんどい作業になります。

 

しかし上記のヒカキンさんの記事を見て(あーブログを完璧に書く事にこだわらくても良いんだ)と気づき少し気持ちが楽になりました。

ブログを書くことに肩肘張りすぎた記事って読者にも伝わると思うんですよね?

僕だったら嫌ですもん。死にそうな顔をしてブログを書いてるブログより、毎日ブログを書く事を楽しみながら更新している方の記事は自然と伝わり断然、後者の記事に魅力を感じまちゃいます。これからは記事をあげる時は完璧を求めないで取りくんでいきたいと思います。

 

モチベーションが上がらなかった理由を分析

ただ、PDCA を繰り返さないと意味がないとも感じています。何故、ブログを書くモチベが今日はあがらなかったのかそれをしっかり分析して少しでも楽しくブログを書き続ける状態を模索していきたいと思います。

 

今日の場合は僕と同時期に始めた方が僕よりも前を進んでいる状態を知り少し落ち込んだからです。

とにかく始めのうちは周りを気にすることなく数を書き続けるのが大切みたいなので、当分は100記事目指して頑張りたいと思います。

 

 

とにかく何事も1万時間取り組めば一流になれるという法則

マルコム・グラットウェル氏が提唱し
著書 【天才!成功する人の法則】という本で語っているのですが、スポーツマンや科学者、音楽家などの成功している法則を見つけたら1万時間の法則が導かれたそうです。

 

1万時間は何年で達成可能か?

 

1万時間ってパッと聞くとそれは多いのか、少ないのか全然イメージがつかないですよね?

平日4時間ずつ 約9年7か月
平日8時間ずつ 約4年9か月
毎日4時間ずつ 約6年10か月
毎日8時間ずつ 約3年5か月
毎日12時間ずつ 約2年3か月
週末8時間ずつ 約12年
週末2時間ずつ 約48年


やはり野球のようにバットを振らないと球が飛んでくスキルは身に付かないですよね。
ブログも一緒でとにかくブログ記事をアップし続かないとスキルも収入も見込めないですよね。

 

まとめ

f:id:pacotan:20180902015154j:image

これからは下記の事に注意して取り組んで行こうと思います。

・これからは質が低くても毎日更新し続ける気持ちを持つ。

・数が大事だから収入を考える前にまず200記事を更新する事に全力で目指す。

・モチベが上がらなかったら何故モチベがあがらないかを分析する。

 

 ▼関連記事

 ブログでアフィリエイト収入。月収100万いったらあなたは何がしたいですか?

 


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング