MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

ブログが書けない理由を本業のせいにしてませんか?


f:id:pacotan:20180903083950j:image

こんにちは。パコです。

 

▼本記事は副業ブロガー強みメソット 

「本業が忙しくて副業なんてできないよー」

「ブログ書けない理由は本業のせいだ。。」

「本業ブロガーには勝てないわー」

という方にはオススメの記事になります。

 

目次

 

 

副業でブログを続けて感じた事。

 

副業でブログをやっているとついつい本業のほうで1日がいっぱいになりブログの更新がめんどくさくなったりする方は多いのではないでしょうか。私は現在、ブログを書き始めて1ヶ月以上たち、書いた記事は30件まで到達しました。

 このブログ業界、100記事がおおよその目安になっていて、100記事あたりからアクセス数が少しずつ上がってきたり文章スキルなどがついてくると言われています。

 

現在ブログを30記事あげる所までいった自分が感じた副業ブロガーには本業ブロガーにはないメリットが3つありましたのでご紹介していきたいと思います。

 

①1ヶ月ブログ続けたら本業成績上がる。

 

ブログを書き始めて30記事目ですが論理的な思考力が以前よりついてきました。

 

自分はどちらかというと感覚タイプが強いタイプの強い人間なので自分の事に関してはある程度感覚でこなしてこれましたが後輩に色々教える事に苦手意識がありました。

 会社員の評価は下のスタッフへの教育なども大切な要素になってきますよね。

 

今までの自分はどこか後輩からの指導にあたる時に抽象的な言葉でのアドバイスがありましたが最近は以前より増して論理的に分かりやすく後輩指導にあたることが出来るようになりました。

 

 

ブログって仕事をする上で大切な要素である目標設定、継続力、分析力という能力をめちゃくちゃ引きあ上げてくれるツールだと感じています。

 

このどれか1つでも抜けたらブログって結果を出すことが難しくなりますよね?

 

本業のほうでは自分は分析力が低く、論理的に自分の仕事での結果を分析できていなかったので同じようなミスが多かったり伸び悩んでいました。それがブログをはじめたら仕事での伸び悩みがガッツリ解消されて成績がかなり安定しました。もし同じような副業ブロガーさんで少し弱気になっている人がいたら是非本業のスキルアップの為にも頑張りましょう。

 

②出社が副業ブロガーの1日の流れを作る


本業が24時間あるうちの大枠を作ってくれ生活のリズムが生まれているのでそこからブログを書く時間を上手く捻出すればブログを書くことがめんどくさくなくなります。

だって考えてみてください。

 

本業ブロガーは24時間好きなように時間を使えるという良い面があるかもしれませんが

それだけ意思が強くなければブログをサボってしまいますし、自由すぎる故の精神的な負担が大きいだろうなと感じています。

 

昔、学生時代に帰宅部の人が必ずしも勉強が出来るとは限らなかった記憶ありません?

何げにスポーツ部の人がクラスでも成績が良い事ってありましたよね。

 部活がその人の生活のリズムをしっかり作ったから成績が良かったと思うんです。

 

③収入がある程度安定する。

 

収入がある程度安定するのも強みです。

ブログは生活を賄っていくだけの収入をつくるのにおよそ1年かかると言われる業界になります。

 

学生などは別ですが、大抵のかたは、ブログをはじめる前に何かしら本業がある事でしょう。よく趣味や好きな事を仕事にするとそれが嫌いになるという事を聞いた事ありませんか?

 

自分も以前は絵を書く仕事をしていましたが本業になると「絵を書きたい」から「絵を書かなければならない」と義務に変わってしまい絵を書く事に辛さを感じてしまい、好きな事を仕事にして生活する事の大変さを味わいました。

 

まとめ

f:id:pacotan:20180903084032j:imageこのブログ業界、いつまで収入を得られるか未知数である事は確かです。ただ、それはどんな業界にいようと同じなのではないでしょうか?だって大手企業が大量にリストラさせる時代ですから。ブログには凄い夢がある一方、収入を得られる状態が続くのにも時間がかかる業界ではありますので、ある程度収入が安定するまでは、本業がある事を生かし、ブログをコツコツ書いていきましょう。

副業ブロガーの強み3つ。

①ブログを書く事で本業のスキルが上がる。

②決まった時間の出社が1日の流れをつくってくれる。

③収入がある程度安定する。社会的信用が高い。

▼関連記事

ブログ成功者に共通する考え方。与える思考力とは?


自己啓発ランキング


成功哲学ランキング