MAKOTOブログ

会社員をしているMASATOです。興味持っている事や仕事の事について書いて行きます。

アクセス数を10倍20倍に増やすタイトルのつけ方。ブログ初心者がこれだけは抑えるべき3つのコツ


f:id:pacotan:20180904094743j:image

こんにちは。副業ブロガーのパコです。

 

今日の本記事では、読みやすいタイトルの付け方について記事になります。

「中々アクセス数が伸びないなあ。」

「タイトルのつけ方ってどうすればよいの?」

「ブログの基礎を知りたい。」

 

という方にはおすすめの記事になります。

 

目次

 

はじめに

自分もブログを書き始めた当初はまったく、タイトルの大切さについて分かっていませんでした。しかし、記事をあげ続けていると、気づき始めます。 

 

「あれ、めっちゃ頑張って記事を書いてるのに全然読んでくれる方がいないじゃん」

 

そう。 ブログ記事のタイトル次第で、アクセス数は10倍も20倍も変える事が出来ます。ブログのタイトルの決め方の方法は沢山ありますがまずは基礎がしっかりしていないと意味がありません。自分が書いてきた中でこれはめっちゃ大事だ!!と感じたことを今日はご紹介していきます。

 

ブログ初心者がこれだけは抑えるべきタイトルのつけ方3つ

 

【初級編】

①ターゲット層を決める。

②ブログタイトルは28~30字以内。

③検索した人は質問の答えを求めている。

 

 

 

 ①ターゲット層を決める。

 

ブログにアクセスをしてもらう為には大きく分けると

・検索経由

SNSを活用
の2種類の方法があります。

 

SNSは直ぐに他のユーザーの投稿に埋もれてしまう為、一時的で
検索経由は、毎日検索をする人からアクセスされるので、より多くのアクセスを継続して集められます。

 

そして、より多くのアクセス数を継続して出す為にはキーワードを選定し、自分のブログが検索結果に表示させる必要があります。

だから、キーワード選定をする必要がある!という訳なんですね。

 

あなたも検索をしたことがあるなら分かると思いますが、基本的に検索するときって、自分が調べたい事に関係するキーワードを入力しますよね。

 

だから、検索されるキーワードを使ってコンテンツを作る訳です。

逆に、キーワードを意識せずに「ブログの書き方1」「ブログの書き方2」みたいな記事を量産していても、何もあなたの文章に興味を持ってくれる方はあらわれません。

 

キーワードを選定するために必要なツールは複数ありますが、無料で使えるツールでのキーワード選定方法を2つ紹介しますのでまだキーワード入力でブログを書いたことがない方はぜひ登録してみてください。

 

使うツールはこの2つです!

Google AdWords キーワードプランナー
・gooodkeyword

 

キーワードを選定しブログを書くということは魚釣りに似ています。全く魚のいない川に釣り糸を垂らすより魚がいっぱいいる場所で魚釣りをするほうが魚を散り揚げられる可能性が高くなります。

 

読者を魚に例えるのは失礼極まりないですがブログも釣りと一緒で自分の記事を見てもらうためには少しでも読者が「おっ!!」と思って閲覧してくださるタイトルにしたほうがあなたの記事を読んでくれます。

 

よくネット用語で「あの記事は釣りだ!!」って言葉を目にしたことはありますよね?

中身が伴わなければ読者から反感をかうだけなのでそのようなことは絶対に止めましょう。

 

ただ特定のキーワードで検索上位になることは嬉しいのですが、そもそもあなたのターゲットとなる人が検索していないキーワードでは、あまり意味がないですよね。

 

 検索している人が少なくても、あなたのターゲットにドンピシャのキーワードで検索上位になっていれば、そのブログが検索上位に表示されている意味合いは大きくなります。

 

検索している人はそれほぼ多くはなくても、競合が少なくてターゲットにドンピシャになるタイトルにするのも非常に大切になります。

 

あなたのターゲット層はどの層なのか?1回振り返って考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

②ブログタイトルは28から30字以内

 

ブログのタイトルはGoogleなどの検索結果として表示された際に

おおよそ26文字以降は「…」と省略されてしまいます。

 

せっかく考えたタイトルも検索結果として表示されなければ、もったいないですよね?かと言って短すぎるのも、何について書いてあるブログか伝わらないので要注意です。

Googleの検索結果の話になりましたが、そもそも人間にとって長い記事タイトルというのは読む気が失せるものです。。人間は基本楽なことを無意識に求める生き物ですから。

 

あなたの書いた記事にはおそらく既に多くの方がブログで投稿している事が多いです。同じような記事がいっぱい羅列する中、長いタイトルのブログをあなたは読む気になりますでしょうか?答えはNOですよね?

 

なので閲覧者にとって読みやすく、瞬時に内容が理解できる文言にしましょう。 

 

③検索した人は質問の答えを求めている。

 

今僕はブログのタイトルの決め方に冠する記事を書いていますが、内容が恋愛の話だったらあなたはどう思いますか?

お前の恋愛感なんてどうでもいいわ!!とプリプリしてしまうでしょう。

(もしかしたら1%くらいの方は興味を持ってくれるかもしれませんが)

 

これは極端な例ではありますが意外にタイトルと文章が一致していない方というのは多いのが事実です。せっかく自分の記事にアクセスしに来た方がいらっしゃるのに勿体無いですよね。

 

1回ブログを一通り書き終えたらブログを読み返し、タイトルに書いた内容と本文がしっかり一致するのかを確認しましょう。

 

 まとめ

f:id:pacotan:20180904094815j:image

ブログの世界って中々、厳しいものでどんなけ熱量をこめて書いた記事も読者が価値があるとおもってくれなければ何も価値はありませんし、そもそも閲覧してくださる方がいないと話になりません。

 

いかに多くの方に喜んでもらえるものを提供できるかが非常に大切になってきますので 

あなたの熱心に書いた記事が一人でも多くの方の胸に届くようタイトルをまずはしっかり考えて決めましょう。

 

おさらいしますが

ブログのタイトル決めで大切なのは

 

①ターゲット層を決める。

②ブログタイトルは28から30字以内。

③検索した人は質問の答えを求めている。

 

意外とシンプルでしょ?

あとはひたすらブログを書いて書いて書きまくって

これが当たり前に出来るよう頑張りましょう!僕も頑張ります!

 

 

▼合わせて読みたい記事

ブログが書けない理由を本業のせいにしてませんか?